アクニオイタケ   矢田山子どもの森/奈良県大和郡山市 2017.4.1

 マツの間伐材を積み上げた所に、たくさん発生していた。やはり本種はこういう生え方でないと「らしく」ない。センボンクヌギタケに比べると、カサの大きさが不揃いになる特徴がある↓。

戻る