ミイノモミウラモドキ   矢田山子どもの森/奈良県大和郡山市 2017.4.1

 空がどんより曇っているせいもあるが、きのこ自体も冴えない色をしていた。カサ径は3センチ前後で、本種としては小型の方だ。早春に出るものより、秋の本種の方が大型になるように思う。ヒダは成長するとピンク色になる↓。

戻る