ミイノモミウラモドキ   くろんど池観察会/奈良県生駒市 2017.4.2

 広い範囲のあちこちで、数本ずつの発生が見られた。小型で黒っぽくて、カサの中央がコブのように高くなるタイプと、下の写真のようにあまりコブが目立たない姿のものがある↓。顕微鏡下でも胞子サイズに差があるようで、ひょっとすると本種もいくつかに分かれるのかも知れない。

戻る