キヌモミウラタケ   矢田山子どもの森/奈良県大和郡山市 2017.9.2

 かなり朽ちてしまった倒木に、真っ白な小型菌が生えていた。カサの直径約2センチで、表面はきれいな絹状光沢のある毛に覆われている↓。イッポンシメジの仲間なので、ヒダがピンク色になっているに違いない。

⇒ ローアングル

戻る