オニテングタケ?   太陽が丘公園/京都府宇治市 2017.9.9

 高さ5〜6センチの幼菌で、本種ならかなり小さい。カサのイボをよく見ると、稜線が星形になっているように見える。柄も強く裂けていたので、本種が思い浮かんだが、柄の下部が長く地中に伸びていたので疑問が残った。テングタケ属のカサの麟片は環境によってかなり変化しやすいので、一つの手がかりで同定するのは無謀だ↓。

戻る