ビョウタケ型子嚢菌   矢田山子どもの森/奈良県大和郡山市 2017.10.1

 直径は大きいものでも1センチほど。朽ちた広葉樹の落ち枝に、たくさん並んでいた。盤面はほとんど真っ白で、裏面がわずかに褐色を帯びている。そのため、ルーペで観察すると盤面にうっすらと縁取りが見える。スタイルは短い柄のあるビョウタケ型だ↓。

戻る