マルミノフウセンタケ   矢田山子どもの森/奈良県大和郡山市 2017.11.3


 先日の「きのこ展」でもたくさん展示されていた種類で、まだ発生のピークが続いているようだ。これはカサ径2センチほどの小型で、以前はハイムラサキフウセンタケとして分けていたタイプ。ヒダの色がとてもきれいだ↓。

⇒ 幼菌

戻る