ススケドクベニタケ   大和葛城山/奈良県御所市 2017.11.5


 カサの直径は7〜8センチのものが多く、時には10センチくらいにもなる。カサはややくすんだ紅色で、中央が黄色くなる時もある。分かりやすいのは柄の色で、幼菌は白いが成菌になると灰色になる。よく見ると灰色の点〜線が波を打つように交差している↓。

戻る