ヒメワカフサタケ ⇒ オオワカフサタケ   くろんど池観察会/奈良県生駒市 2018.4.8


 これも朝通ったはずの道で、帰りに見つかった。大きなカサは直径5センチ以上あったが、こんなサイズを見落とすとはショックだ。本種は春と秋に出るきのこで、初めて春に見つけた時は驚いたが、今では逆に春の方が印象が強い。幼菌の柄は少し黄色味を帯びることがある↓。
※検鏡された結果、同属種のオオワカフサタケであることが分かった。

戻る