オオワカフサタケ   くろんど池観察会/奈良県生駒市 (2018.4.8)


 カサの表面はヌメリが強そうで、乾いて光沢を持っている。付着したゴミが刷毛などを使っても全く取れない。S氏の検鏡で胞子サイズやシスチジアの形、さらに発生時期を考慮すると、本種であることが分かった。

戻る