キアシベニヒダタケ   矢田山子どもの森/奈良県大和郡山市 2018.5.13


 30センチほど離れて、カサ径2.5センチほどの2本が立っていた↓。本種は広葉樹の材上生なので、埋もれ木から生えているのだろう。カサの表面に放射状の縮緬じわがあるのが特徴で、名前の通り柄が黄色い。

⇒ ローアングル

戻る