フクロタケ   大和民俗公園/奈良県大和郡山市 2018.9.2


 カサの直径10センチ弱。めったに見られない種類のこんないい状態に出会うと、逆に同定が間違っているのかと心配になる。カサに広がるきれいな繊維模様と↓、根元に残る大きな袋状のツボ。中華料理ではよく本種の栽培幼菌が使われるが、自生していることはまれだ。

⇒ ローアングル

戻る