イタチタケ   大和葛城山/奈良県御所市 2018.11.3


 上から見下ろしたときはニガクリタケのように見えた。柄を見ると綿毛状の繊維があり、カサの縁には被膜の名残が付いていた。右のカサで直径8ミリほど。

⇒ ローアングル

戻る