ニオイヒメアミタケ   大和葛城山/奈良県御所市 2018.11.3


 広葉樹の落ち枝にいくつもカサを広げていた。一見してすぐにニセニクハリタケだと思ったのでニオイを確かめると、しっかりとシナモンの芳香がした。「やっぱり」と裏面を見たが、結果は全く違った。確かによく見ると、カサの上面がフェルト状の繊維に覆われている↓。

⇒ 裏面の様子

戻る