カラムラサキハツ   水度神社/京都府城陽市 2019.3.5


 早春に出るきのこのひとつで、カサの色にはかなり変化の幅もある。紫色が基調だが、そこに灰色やら黒やらの色が混じる。柄とヒダは真っ白でやや透明感がある。味は舌が痛くなるほど辛いので、こんな典型の色合いならパスして問題ないだろう↓。

戻る