フミヅキタケ   むろいけ園地/大阪府四条畷市 2019.5.3


 カサ径約4.5センチ。覗き込んでもツバがなかったので「ツバナシフミヅキタケ」だろうと思った。すぐ横に幼菌が2本出ていたが、それにもツバが見えない↓。しかし、念のためと幼菌を採取すると、しっかり被膜がヒダを覆っていた。

⇒ 幼菌の被膜

戻る