サクラウラベニタケ(青木氏仮称)   くろんど池/奈良県生駒市 2019.7.8


 カサの直径2〜3センチ。先月の観察会でS氏が同定された種類で、今までにも何度か観察している。同属の「カタラウニクム」に似ているがヒダに縁どりがなく、カサ中央の鱗片も不明瞭だ↓。ただこの仲間は似た色の系統がいくつかあって、肉眼同定はなかなか難しそうだ。

戻る