チャタマゴタケ   橿原神宮/奈良県橿原市 2019.7.15


 かさの直径8〜9センチ。やっと見ることができた。色はやや黄色が強いタイプだが、キタマゴタケとはかなり色が違う↓。一般的にはやや珍しい種類になるが、京阪神の一帯では毎年のように観察されている。以前はタマゴタケの変種という説もあったようだが、今はキタマゴタケも本種も別種として扱われている。

⇒ 幼菌は褐色

戻る