クロニセホウライタケ   高麗山・地獄沢/神奈川県平塚市 2010.8.15

カサの直径約1.5センチ。朽ちた材から生えている。不明菌でアップするつもりだったが、詳しく見ているうちにニセホウライタケに行き着いた。しかし、それにしては大き過ぎるので「新菌類図鑑」を確かめると、径7〜14ミリとある。本種の最大級ということになりそうだ。⇒ネットで近縁種をチェックしたらクロニセホウライタケらしいことが分かった。

⇒ カサの様子

戻る