シロヒナノチャワンタケ   金剛山/奈良県御所市 2011.5.2

頂上付近にはブナ林があったので、枯葉の積もった所を少し掘ってみた。ブナの実が埋もれていれば今の季節によく見られる種類で、富士山でもいたる所で見ることができた。子嚢盤の直径は2〜3ミリほどの極小菌だ。※正しい種名は「ブナノシロヒナノチャワンタケ」という。

戻る