アカエノベニヒダタケ   大和葛城山/奈良県御所市 2012.8.4

カサの直径は2センチ足らず。サクラの落ち枝から1本だけ出ていた。ウラベニガサ属らしいことはすぐ分かったが、初めカサ中央のシワを見てシワベニヒダタケだと思った↓。しかし、ローアングルで撮るとはっきり柄が赤かった。

⇒ ローアングル

戻る