クリイロニガイグチ   矢田山へんろ道/奈良県大和郡山市 2012.9.9

左奥の2本は柄がくっつきあっている。カサの色は成長して茶褐色になるが、柄の色と幼菌のカサは紫色を帯びた褐色が特徴。管孔はクリイロイグチに似て真っ白だ。幼菌の時だけ苦いので確かめたら、その通りだった。

戻る