フミヅキタケ   けいはんな記念公園/京都府精華町 2013.4.29

カサの中央がやや色濃く、周縁部では乾いて独特のシワ模様が広がる。典型的な本種の様子だ。付近には老菌も含めて数本見付かったが、これが最もいい状態のモデルだった。

⇒ ローアングル

戻る