サビハチノスタケ   くろんど池観察会/奈良県生駒市 2014.6.8

直径2センチあまりの白い饅頭型で、表面には白いササクレ状鱗片があり、頂部に焦げ茶色の部分見える。管孔面にはごく微細な管孔が並んで、柄の表面にまで広がっている↓。

戻る