エノキタケ   くろんど園地観察会/大阪府交野市 2018.3.18


 カサの直径は1センチ足らず。「エノキ?」「ニガクリ?」と疑問が飛び交ったが、この柄の感じはエノキタケだ。これまでの雨不足が影響してか、本種らしいギュウギュウ詰めの群生は見られない。

戻る