マルミノフウセンタケ   くろんど園地観察会/大阪府交野市 2018.11.11


 カサ径約3センチ。カサの紫色がかなり濃いので、最初はムラサキフウセンタケのように見えた。しかし、ローアングルで柄の様子を見ると本種だと分かった↓。かつては「ハイムラサキフウセンタケ」と分けられていたくらいなので、本種もかなり変異の幅が広いきのこだ。

戻る