ナガエノケノボリリュウ   くろんど池観察会/奈良県生駒市 2019.6.23


 頭部が反り返っている姿はアシボソノボリリュウタケだが、子嚢盤の外側と柄の表面に微毛が生えている↓。この特徴はナガエノチャワンタケだと思っていたが、なんとどちらでもない、こんな初耳の種類があったのだ。いくつかの図鑑などでは混同されているらしい。関西では普通種らしいので、今までも間違って同定しいたに違いない。

戻る