アブラシメジ
2007/10/13 静岡県富士宮市・富士山南麓
 フウセンタケ科のきのこでカサも柄も強いヌメリで覆われる種類がいくつかあるが、本種はカサの表面に放射状のシワがあるので分かりやすい。ヒダは粗く褐色で、ルーペで見ると表面に縦のシワがあるのが分かる。柄は紫色を帯びた白で縦に繊維紋が走り、赤錆色の綿屑状のツバがある。
 美味しいきのこらしいが単生〜散生するので、あまり収穫は望めない。
2007/10/13
富士山南麓