アイカシワギタケ
2007/9/20 静岡県小山町・須走登山道
 幼菌の頃は全体が少し紫がかった青色で、とても印象的なきれいな色をしている。成菌になるとカサの表面は紫褐色になる。カサの直径は10センチを越えるものもあり、粘性はない。柄の根元が膨らみクモの巣状の被膜があるなど、典型的なフウセンタケ科の特徴を持つが、かなりまれなきのこでなかなか出会えない。
 
2003/7/6
横浜市新治
2005/7/3
横浜市新治
2015/8/1
山添神野山