アイコウヤクタケ
2012/1/4 奈良県大和郡山市・矢田山へんろ道
 枝にまるで青いペンキを塗ったように見える。倒れたコナラの表面の広い範囲に背着し、細い枝にまで巻き付いて伸び上がっている。
 こういうカサを作らない背着性のきのこは、コウヤクタケ科とウロコタケ科に多い。種名も入り混じって分かりにくいが、これは名前の通りコウヤクタケ科だ。
 ほとんど厚みがなく周縁部では白っぽい部分が見えるのが特徴。青味の強い紫色で木から剥がれやすい。
2012/1/4
矢田遍路道