アカダマタケ(ホソミノアカダマタケ)
2013/9/22 奈良県大和郡山市・大和民俗公園
 直径2センチほどの塊で、地上に半分顔を出していた。小型のものはほぼ球形だが、やや大きくなるとかなりいびつな形だ。断面を見ると、厚み1ミリほどの外皮の中に細かな粒がありタールのような光沢のある黒いゼラチン質で満たされている。
 外見は似ているが胞子の形態が異なる2種があり、胞子が細長い方に「ホソミノ」を付けて区別されている。