アカエノベニヒダタケ(池田氏仮称)
2011/10/30 奈良県大和郡山市・矢田山遊びの森
 カサは明るい黄色の地に褐色の細鱗片を密に付け、中心部分では密集して色が濃い。柄は縦に通る繊維紋が強く、表面に赤い繊維状の線が見え捻れることが多い。ヒダはピンク色を帯び、ベニヒダタケのヒダとよく似ている。下の写真は2009年9月28日に高尾山で見つけたもので、「北陸のきのこ図鑑」に仮称種として掲載されているものと同種と思われる。
 また、富士山南麓で見る大型で濃い黄色のものは、各部の特徴がよく似ているが別種かも知れない。
月間MVP 2017/06
2006/10/21
伊豆一碧湖
2008/9/28
東京高尾山
2009/6/28
富士山南麓
2010/6/19
富士山南麓
2011/8/28
かいがけ道
2011/10/30
矢田遊び森
2012/8/4
大和葛城山
2014/5/25
くろんど園地
2014/6/14
矢田遊び森
2015/5/5
市大植物園
2016/5/15
むろいけ園
2016/6/19
三重上野園
2016/9/4
くろんど池
2016/9/22
生駒山麓園
2017/6/24
むろいけ園
2017/7/2
大和民俗園