アカヒダワカフサタケ
2012/8/18 奈良県山添村・神野山
 カサの直径約2センチ、高さも3センチの小型菌だった。カサは中高に開き、中心部が濃い褐色のグラデーション。周縁部ではほとんど白になる。柄は下方へ向かってやや太くなり、表面は縦に走る繊維状鱗片で覆われている。基部に綿毛状の菌糸がある。
 ヒダの色が特徴的で、ヒメワカフサタケに比べるとかなり赤い。ニオイはかなり弱いものの、ヒメワカフサタケに似た独特のクセのあるニオイがした。
2012/8/18
山添神野山