アカタケ
2007/9/22 山梨県鳴沢村・富士山北麓
 色の名前が付いた種類は無数にあるが、これほど明快な名前は珍しい。フウセンタケ科のササタケ属にはヒダが赤い種類がいくつかあるが、これはカサの表面も赤い。新鮮な時は指先でつぶすと血のような赤い液がにじむ。
 枯葉や苔の間に生えるので遠くからでもよく目立つきのこだ。カサの直径は2〜4センチだった。
2007/9/22
富士山北麓