アカツムタケ
2007/9/1 山梨県富士河口湖町・富士山北麓
 名前や外見からチャツムタケ属かと思ったら、なんとモエギタケ科スギタケ属のきのこだった。針葉樹の切り株や倒木に生えて色が華やかなのでよく目立つが、苦くて食用にはならず毒性も疑われているとか。
 ヒダは黄色いがカサに接する上部が朱色になっているので、カサの縁に近い部分だけが赤く縁どられて見える。高山のきのこで平地では見られない。
月間MVP 2012/06
2012/6/23
山添神野山