アケルヴス・エピスパルティウス
2012/10/13 奈良県奈良市・大渕池公園(西)
 和名がまだ付いてないので学名「Acervus epispartius」のカタカナ表記とした。撮影当日は不明の子嚢菌としてアップしたが、数日後にチャワンタケのサイト「Discomycetes etc.」のkutsuna氏からメールで教示いただいた。
 腐食土壌に群生して、肉質はもろくキチャワンタケに似た外見だが、変色性はない。氏のサイトによると、ごく幼菌の時は円盤状の蓋を持つらしく、カサの縁に付着したり付近に落ちていたりするらしい。蓋のあるチャワンタケは珍しいので、ぜひ見てみたい。
 下の写真右は、京都の小寺祐三氏が2012年に岡山県で撮影された、蓋を残している幼菌の貴重な写真であり、特別にお借りして掲載させていただいた。
 
2012/10/13
大渕池園西
2012/10/24
続報