アミヒダタケ
2006/6/10 神奈川県小田原市・曽我
 沢に落ちた細い枝に紙のように薄いカサが並んでいた。放射状に広がる粗いヒダの間に、美しいと感じるほどの脈が連なっている。
 ある図鑑にはタケ類の枯れた枝に生えると書かれているが、これは広葉樹の枝に生えていた。ほとんど見えないほど短い柄で材に付いているが、少し柄の長いタイプもあるようで近似種が混在しているのかも知れない。かなり珍しい種類のようで、この時以来見ていない。