アラゲニクハリタケ
2016/11/20 大阪府交野市・くろんど園地
 積み上げたコナラの間伐材に10種近い硬質菌が混生していた。その中の1種で、カサは一見するとキウロコタケのように見えた。しかし、基部が細くなって柄を作っていたので裏面を見ると、ビッシリと針が並んでいた。よく似た種類に「ニクハリタケ」と「ニセニクハリタケ」があり、ニクハリタケは柄を作らずに半円形に半背着し、ニセニクハリタケは表面に毛がなくて芳香があるので区別できる。
月間MVP 2017/01
 
2016/11/20
くろんど園地
2017/1/21
むろいけ園