アシボソニガイグチ
2012/9/9 奈良県大和郡山市・矢田山へんろ道
 カサは黄褐色で表面はややビロード状。管孔は藤色を帯びた白色。柄が特徴的で上の部分で色が薄くなり、上端ではほとんど白に近い。根元には白い菌糸があった。
 ニガイグチ属はわずかな違いで別種があるため、同定はなかなか難しい。本種は小型でカサの直径は大きくても5センチくらいまで。味は苦みが強い。
2012/9/9
矢田遍路道
2013/8/3
矢田遍路道
2015/8/8
矢田子供森
2016/6/18
けいはんな
2016/7/17
生駒山麓園