アシボソチチタケ
2011/11/6 奈良県生駒市・生駒山麓公園
 小型のチチタケ属のきのこで、カサの直径は1.5センチほど。中央に小さな尖りがあり、褐色の表面は細かなひび割れや微粒で覆われる。
 見分けのポイントは、カサ周縁に見られる等間隔の突起とその先に見える粗毛で、よく似た「アカアシボソチチタケ」にはそれがない。
 乳は白くて変色しないが、量は少ないので観察しづらい。