アシグロベニヒダタケ(青木氏仮称)
2003/6/21 神奈川県平塚市・びわ青年の森
 「フチドリコイノベニヒダタケ(仮称)」として掲載していたが、城川先生が再検証され本仮称種と同定された。発見時は初見の「フチドリツエタケ」だと思ったが、クロフチシカタケに近い種類だと教えていただいた。ヒダに黒い色の縁取りがあり、柄の全面にも同色の細粒点がある。やや萎れていたため、カサ表面などの標本撮影をしなかったことが悔やまれる。ウラベニガサ属では少数派の地上生きのこだ。
2003/6/21
平塚市びわ