アシナガワカフサタケ(池田氏仮称)
2015/9/22 三重県伊賀市・上野森林公園
 数年来、フウセンタケ属の不明菌として気になっていた。「北陸のきのこ図鑑」に掲載の本種によく似ていることが分かり、改めて写真を確認すると)子の色が黄土色(たばこ色)、▲劵世留錣貿鬚け鐚茲蠅ある、などの点でワカフサタケ属菌だと判断した。褐色のカサに放射状の濃い紋があり、ヌメリはなく傷みやすい。柄も縦の繊維紋が強く、上部にクモの巣状のツバがある。広葉樹下の地上に数本ずつ散生する。
 
2015/9/22
三重上野園