ベニヒガサ
2005/9/4 静岡県御殿場市・富士山太郎坊
 ヌメリガサ科には真っ赤なきのこが何種類かあるが、これはごく小型のタイプ。ヒダが黄色くて柄に長く垂生するので、カサが開くと三角形になるのが特徴。カサの表面はビロード状の鱗片があり、時には黒っぽく見えることもある。
 苔の間などに生えてコントラストが美しいが、単生の場合が多く絵になりにくい。同じような環境に生えるヒナノヒガサやヒメコガサなどと似ていて、よく見ないと同定を誤る。
2001/6/24
愛川八菅山
2004/11/7
厚木市七沢
2005/9/4
富士山南麓
2015/8/14
大台ヶ原東
2016/6/25
矢田遊び森