ドクツルタケ
2009/7/18 神奈川県愛川町・八菅山
 これが純粋に、ドクツルタケそのものなのかどうかは不確かだ。柄の上部に大きな膜質のツバがあり、それより下に段だらのササクレが強く現れる。よく似たシロタマゴテングタケにはササクレがほとんどない。また、KOHによる呈色反応では本種は黄変し、シロタマゴテングタケは変色しない。しかし、ドクツルタケには外見の似た近縁種がいくつかあるようなので、ここでは―稠鬚琶舛離汽汽レが顕著、∨貅舛梁腓なツバを条件に選んだ。
 ただ、間違いないのは、この仲間はすべて死に至るほどの猛毒だということ。純白の姿から「死の天使」という異名を持つが、これを清楚で美味しそうだと感じる人も少なくないようだ。どう間違っても絶対に食べてはいけない。
 
2003/7/20
厚木市七沢
2011/9/17
市大植物園
2013/8/4
生駒山麓園