エビタケ
2017/8/5 奈良県御所市・大和葛城山
 ロープウェイの山上駅からしばらく歩いたところで、新鮮な硬質菌を見付けて名前が分からないままメモ程度の撮影をした。特徴的なカサの色に覚えがあったので、図鑑を開いてすぐに本種だと分かった。新菌類図鑑には日本のみと書かれているが、東南アジアには分布するようだ。マンネンタケ属に分類されコフキサルノコシカケなどに近いが本種は一年生。管孔は白く孔口は微細。写真のものはカサ幅10センチほどだった。
2017/8/6
5日の続報