エビウロコタケ
2007/10/12 長野県軽井沢町・野鳥の森公園
 本種を初めて見た時の印象は「鉄くず」だった。まるで磁石を近づけたら吸い寄せられそうなほど、錆びた鉄くずそのもののイメージだった。
 広葉樹の枯木に生えて、薄い肉で半背着する。カサが伸びると円錐形のような形になる。ヒダも管孔も作らないがウロコタケの仲間ではなくタバコウロコタケ科に分類され、赤錆色の下面には少し明るい色の細かなイボがある。
2003/1/25
横浜市寺家