エツキヒメサカズキタケ
2008/8/17 神奈川県平塚市・高麗山
 斜面に何やら小さなカサがいっぱい生えている。よく見ると地面だけでなく木の根や土嚢の袋からも生えていて、まるで変形菌を思わせるような状態だった。1個の形はやや柄の長いチャワン型で内側は淡黄色をしている。最大でも直径は1センチ以下で、外見から子嚢菌のようなイメージがあるがヒダナシタケ類のフウリンタケ科に分類されている。