ハエトリシメジ
2005/10/09 山梨県甲州市・甲斐大和
 名前の「ハエトリ」は文字通り蝿を殺す成分を持っているためで、テングタケやベニテングタケなどと同様に「蝿捕り」に使われたらしい。カサも柄も表面は繊維状で、カサは黄色くて中央の色が濃く突出するのが特徴。
 食用になってなかなか美味らしいが、食べ過ぎると悪酔いのような中毒を起こすらしいので注意が必要。