ハイチャフウセンタケ(仮)
2007/9/26 山梨県富士河口湖町・富士山北麓
 カサの直径は10センチ近くにもなり、数ヵ所で群生を見ることができた。カサにヌメリがほとんどなくて中央付近だけ褐色の鱗片が付いている。柄は根元が太い棍棒状で、褐色のクモの巣状のツバがある。ツバから上は淡い紫色で下は繊維状になっている。
 断面に紫色が見えないのでカワムラフウセンタケやモリノフジイロタケとは違い、手持ちの図鑑では「北陸のきのこ図鑑」の仮称種ハイチャフウセンタケによく符合する。