ハナビラニカワタケ
2011/10/2 大阪府交野市・大阪市立大学附属植物園
 ハナビラタケにとてもよく似ているが肉質は水分が多いため、乾燥すると見るも哀れなほど縮んでしまう。キクラゲの仲間で食用になり、キクラゲ同様、乾燥していても水に放てば元の姿に戻る。
 雨の後などに大きく成長するようだが、傷むのも早く全体が新鮮な姿にはあまり出会えない。
2004/2/28
南足柄市
2006/10/22
平塚市びわ
2011/10/2
市大植物園
2013/12/15
くろんど園
2017/7/29
矢田子供森
2017/11/26
矢田遊び森